トップページ

情報科 いっぽ まえへ!

2003年から高校には、情報科という新しい教科ができました。

それから約20年経ちましたが、まだまだ問題が山積みです。教員採用試験が行われていない県がある、他の教科と兼任している教員が多い、アプリケーションソフトの使い方に終始している授業がいまだにあるらしい・・・

情報の世界は、本当はおもしろい世界があるんです。そのおもしろさを形にしたいと思っています。

そして高校の情報科が、今よりも一歩でも前に進歩することができないかと考えています。

さらに高校で学んだ情報科の一歩先にある、大学で学ぶ内容にもつながるような話題を見つけて、多少ですが私なりのアレンジを加えて発信します。

おそらく高校の授業の内容をそのまま掲載することは少なく、授業の参考にはなりにくいと思います。しかし、情報の授業の何かと関係がある話題を取り上げるので、参考にしていただけると嬉しく思います。

新着記事

  • なんちゃってPascalを作ってみる(3)
    こんにちは。前々回の自動投稿をセットしていたつもりでしたが、なぜか失敗していて実際の投稿は遅れてしまいました。 さて、前回はデザインパターンのうち、Compositeパターンを取り上げました。 今回は抽象構文木(Abst […]
  • Compositeパターンを試してみる
    こんにちは。 なんちゃってPascalを作っている途中です。 前回、Compositeパターンがうまく作りきれなくて中途半端になってしまいました。 おそらくコンパイラーやインタプリタを作った経験がある人ならば、Inter […]
  • なんちゃってPascalを作ってみる(2)
    こんにちは。 前回に続けてなんちゃってPascal略してNPascalを作ってみます。 構文解析木を作る準備 本当はデザインパターンのCompositeパターンを使って、構文解析木の葉と節を作るときれいにまとめられそうな […]
  • なんちゃってPascalを作ってみる(1)
    こんにちは。 前回までで、普段使っている中置記法の数式を逆ポーランド記法に変換して計算するプログラムを作りました。 そうしたら、もしかしてプログラム言語も作れるんじゃないかと思い、試してみることにしました。 ただ、言語の […]
  • とりあえず数式を計算させてみた
    こんにちは。 前回、構文解析木を作ったのですが、とりあえず計算させてみたいということで進めてみます。 ちょっと中途半端な感じです。 逆ポーランド記法の数式を文字列として返す うーん、木構造のクラスに逆ポーランド記法を返す […]

Posted by 春日井 優